佇む男性
ED治療薬|カマグラゴールド通販について   >  病院で処方できない理由

病院で処方できない理由

カマグラゴールドはインド製

<?php echo  $alt_kiji3 ?>

ED治療薬の代名詞ともいえるバイアグラ、その信頼感を引き継いだジェネリック医薬品がカマグラゴールド

ジェネリックとは後発薬のこと。
調剤薬局でも「新薬にしますか?ジェネリックにしますか?」といったやりとりがなされているほど、私たちの生活に浸透している医薬品です。
すでに有効性がわかっている薬をほかのメーカーが製造・販売を行っていて、新薬よりもはるかにリーズナブルな価格が最大の魅力。
さまざまな病気の治療において、患者の医療費軽減におおいに役立っています。

そんなジェネリックは日本だけでなく、世界各地で流通。
高い製薬技術で注目を集めるインドでも、たくさんのジェネリック医薬品が開発されています。
カマグラゴールドのその中のひとつ。バイアグラのパワフルな勃起力はそのままに、大幅なコストダウンが実現されています。

インドでは広く利用されているカマグラゴールドですが、残念ながら日本では未承認。
厚生労働省の認可が得られていない医薬品は商品として販売することができず、医療機関でも処方することはできません。

バイアグラのジェネリックはほかにもある

日本ではどこの病院へ行ってもカマグラゴールドを処方してもらうことはできませんが、バイアグラのジェネリックならほかにもあります。
シルデナフィル錠として、東和薬品やキッセイ薬品、陽進堂、富士化学工業などの製薬会社が製造・販売。

処方の価格は病院によりますが、バイアグラ50mg1錠が1500円なのに比べてシルデナフィル錠は1000円というところが相場です。
泌尿器科やED専門のクリニックで取り扱われているので、費用を抑えたいときにはリクエストしてみてください。

カマグラゴールドを買うなら

バイアグラのジェネリックを、と考える理由にはコストパフォーマンスのよさが大きく関わってくるはず。
費用を抑えたいのであれば、国産のジェネリックよりもさらに安価なのがカマグラゴールドです。
カマグラゴールドは50mg1錠で、400円前後。まとめて注文することで割引率が上がるサイトも多いので、送料無料のサービスも利用することができればかなり費用は抑えられますよね。

充実したセックスのためとはいえ、経済的な負担が増えすぎるのは考えもの。
肉体的にも物理的・経済的にもストレスなく、ED治療と向き合っていきたいですね。