佇む男性
ED治療薬|カマグラゴールド通販について   >  副作用について把握しよう

副作用について把握しよう

起こりやすい副作用

<?php echo  $alt_kiji2 ?>

カマグラゴールドの服用に際して懸念される副作用は、バイアグラと同じです。
国内で販売されているバイアグラの注意事項によると、

・ほてり(1%以上)
・頭痛(1%以上)

・目の充血(0.1〜1%未満)
・動悸(0.1〜1%未満)
・鼻づまり(0.1〜1%未満)
・筋肉痛(0.1〜1%未満)
・発疹(0.1〜1%未満)

・視覚異常(0.1%未満)
・むくみ(0.1%未満)

などがあります。
多くみられるのは、シルデナフィルの血管拡張作用による影響。頭痛やほてり、目の充血などがそうですね。
いずれも過剰に心配する必要はありませんが、副作用が出始めたらカマグラゴールドが効き始めているサインと捉えてください。

頭痛がキツイという場合には、市販の鎮痛薬を併用してOK。どんな副作用があるのかを事前に把握しておけば、いざ症状が現れたときにも不安になって焦らずに済みます。
カマグラゴールドは服用量が多いと副作用も現れやすく、重くなりやすいので、適量を心がけましょう。
「早く効果を得たい」「もっと硬くしたい」からといって、必要以上に服用して体調を崩してしまっては本末転倒です。

もっと重い副作用

副作用として現れる頻度は低いですが、重篤な症状が起こる可能性もあります。

・高血圧、低血圧
・不整脈
・記憶力低下
・呼吸障害
・心筋梗塞
・勃起持続
・視力低下

こういった副作用を発症するというリスクは頭にいれておき、もしも気になる体調不良が起こった場合にはすぐに医療機関を受診してください。

併用禁忌薬

カマグラゴールドの服用にあたっては、併用してはいけない医薬品があります。
薬同士がお互いに作用を強めたり弱めたりして身体に悪影響を及ぼすので、シルデナフィルとの併用は絶対にやめておきましょうというもの。

以下の薬を服用中の人は、注意してください。

硝酸剤、NO(一酸化炭素)供与剤 → 過度に血圧を下げることがある。
アミオダロン塩酸塩 → QTc延長作用を増強するおそれがある。
sGC刺激剤 →サイキックGMPが増加し、症候性低血圧が起こるおそれがある。

ほかにも、65歳以上の高齢者や肝障害・腎障害のある人、出血性疾患や消化性潰瘍がある人も服用には注意が必要です。
治療中の病気がある人は、カマグラゴールドを服用するまえに医師に相談しましょう。